九州・奄美の島々


 このページでは、九州・奄美の島々で撮影した画像を掲載しています。ひとつの地域とはいえ、九州の島は北と南では全く違った表情をみせます。日本海の島々では北日本と同じ厳しい冬が来るのに対し、南端の与論島は地理的・経済的にも沖縄の一部となっています。最近は訪問することが少なく、古い写真が中心となりますが、途切れずにいろいろな島の写真を追加していきたいと思います。

宝当島(高島)
佐賀県唐津市の島、高島の写真を掲載しました。島内に宝当神社という縁起の良い名の神社があることから、宝くじの必勝祈願に多くの観光客が訪れます。
五島福江島
長崎県西部・キリシタンの島です
伊王島・高島
伊王島は教会とリゾート施設の島として、高島はかつて三菱の炭坑が置かれていた島として有名です。
軍艦島
高島の隣にあり、かつて同様に炭坑で栄えた島です。現在は無人島となっており、炭坑跡・住居跡を見学する廃墟観光コースが人気です。
姫島
大分県国東半島の島です。狐踊りが有名です。
屋久島
縄文杉のある世界遺産の島です。
口永良部島
屋久島の隣にある活火山の島です。
加計呂麻島
奄美大島の南端部にある島です。とても細長い島で、人口は1,500人ほどだが30もの集落があります。
喜界島
奄美大島北部に隣接する島です。
沖永良部島
ユリの花が有名です。
与論島
奄美諸島最南端にあり、鹿児島県でありながら沖縄との結びつきが強い島です。