伊平屋島

 沖縄県最北端の有人島です。隣の伊平屋島とは至近距離にあります。樹齢数百年以上という巨木・念頭平松や、天照大神が隠れ住んだといわれるクマヤ洞などの見どころがあります。


 フェリーいへやです。沖縄本島北部・運天港と伊平屋島との間を1日2往復しています。


 腰岳展望台から眺める伊平屋集落と前泊港です。


 クマヤ洞窟です。ここが天の岩戸だったとの伝説が残ります。


 クマヤ洞のそばにある久葉山です。その名の通り野生のクバの木が生い茂り、頂上には展望台もあります。


 久葉山のふもとにある海岸です。


 野甫大橋の近くにあるビーチ、米崎海岸です。キャンプ場もあります。


 島の西海岸には、ヤヘー岩や無蔵水などの奇岩が数多くあります。


 野甫島の展望台から見た野甫大橋と伊平屋島です。


 神アシャギとは「神々の遊び場」という意味で、他の御嶽ではほとんど見られなくなった茅葺き屋根の建物も現存しています。


 念頭平松は県の天然記念物に指定されている松で、数百年前に植えられたといわれています。


 念頭平松の周辺は公園として整備されています。


 伊平屋島と伊是名島は至近距離にありますが両島を結ぶフェリーは無いため、観光等で両島を周遊する場合はチャーター船を利用すると便利です。片道5,000円ほどでした。