巌流島

 武蔵・小次郎の決闘が行われた島です。九州と本土の境目、関門海峡に実在する無人島で、島内は公園として整備されています。


 巌流島への船は関門海峡の下関側から発着します。写真手前は門司港、海の向こうは下関で、本州と九州は本当に目と鼻の先にります。下関-門司港間には連絡船が頻繁に運航されているので、九州側から島に渡る場合はJRで門司港駅まで行き、連絡船で下関に渡ると便利です。


 巌流島港に停泊する連絡船です。海の向こう側は下関本土です。


 巌流島文学碑の前から関門海峡を望みます。


 巌流島の島内には散策道が整備されており、東屋もあります。


 展望広場にある武蔵・小次郎決戦の像です。


 門司港駅は、関門海峡の九州側起点となる駅です。港からすぐ近くにあり、1914年に建てられた駅舎は国の重要文化財にも指定されています。