小佐木島

 広島県三原市の島です。本土からは船で15分ほどのところにあり、多くの観光客で賑わうしまなみ海道とも近接していますが、人口わずか十人ほどの小さな島です。


 三原港は駅から徒歩5分ほどのところにあります。港から船で15分の小佐木島は、「全国で最も新幹線駅に近い離島」といえるかと思いますが、寄港する船は三原-生口島航路の一部、3往復のみしかありません。


 小佐木島行きのマルト汽船は、昭和の雰囲気が残る大変年季の入った船舶でした。



 港から見た集落全景です。2012年現在の人口は9人とのことですが、きちんと手入れのされている家が十軒程度はあります。本土との二重生活を送られているのでしょうか。


 小佐木港の待合所です。待合所に掲げられている時刻表は、現在運行されているマルト汽船のものではなく、2005年に廃止されたフェリーのものでした。


 港の前にあった灯台です。小佐木島灯台はこれではなく、集落の奥にあります。


 港前に立ち並ぶ家々です。2012年現在、元旦の小佐木島航路は全便運休となっているため、大晦日のこの日に年賀状が配達されていました。


 すぐに家が途切れ、無人の山が見えてきます。小佐木島灯台はこの先にあるようですが、残念ながら1時間の滞在時間では見つけることができませんでした。


 帰りの船が入港します。