直島

 岡山県・玉野市からわずか3kmに位置する香川県の島です。三菱マテリアルの城下町ともいえる島で、日本の銅の60パーセントはこの島で生産されています。ベネッセや建築家・安藤忠雄氏らによる近代芸術作品をはじめ、建築関係のみどころも多いです。


 直島の北西部には、三菱マテリアル直島精錬所があります。この精錬所は東洋一の規模を誇る銅の精錬所です。


 本村港の向かいには向島という有人島があります。本当にすぐそばにあり、電線などは海をまたいでかけられています。


 直島では、世界的に有名な建築家・安藤忠雄氏らによる直島家プロジェクトが展開されており、現代建築家達による作品が各所に展示されています。写真は護王神社です。


 護王神社のある高台からは、瀬戸内海の島々を一望できます。


 島西部の本村地区には、城跡や寺、築250年もの家屋など、古くからの瀬戸内の街並みが比較的良く残されています。


 子供向け通信教育のベネッセは、直島でシーサイドパークやベネッセハウスというリゾート施設を経営しています。


 ベネッセアートサイトには、モンゴル風のテント・パオをかたどった宿泊施設や、砂浜に浮かぶかぼちゃのようなオブジェクトなど、一風変わった建造物が多いです。


 直島は香川県の島ですが、高松まで50分、岡山・宇野まで20分という地理的条件からか、岡山県との結びつきが強いです。そのため、フェリーの本数も高松港発着便より岡山・宇野港発着便のほうが多いです。


 また、島北西部に三菱マテリアルの工場があるため、大型フェリーは町役場のある本村地区(東部)ではなく、宮浦地区(西部)から発着しています。