大津島

 山口県周南市の島です。戦時中軍事基地が置かれ、人間魚雷「回天」の拠点となっていた島で、現在でも当時の史跡や資料が残されています。


 大津島への船は、新幹線徳山駅近くの徳山港から発着します。


 大津島側でフェリーの発着する港は数カ所ありますが、島の中心となるのは馬島港です。


 「回天」の発射訓練場跡です。


 「回天」に関する資料館です。資料館へ続く道の両脇にあるプレートには、実際に回天に搭乗して出陣し、亡くなられた方々の名が刻まれています。


 回天の原寸大模型です。とても小さく、実際に人が乗り込み、敵艦へ突撃していったとは信じられないサイズです。


 回天資料館への登山口付近にあるコテージタイプの宿泊施設、ふれあいセンターです。


 刈尾海水浴場です。対岸には黒髪島も見渡せます。


 大阪城の石垣造りには大津島の石も使用されており、島には切り出された石の一部が残されています。


 黒髪島は大津島の対岸に浮かぶ島です。一般の住民はおらず、御影石の採石場のみがあります。大津島行きフェリーの一部が寄港しますが、全島が私有地のため関係者以外は上陸出来ません。