菅島

 答志島の対岸にある島です。漁業を主産業としており、海女さんの祭り「しろんご祭り」が有名です。日本最古のレンガ造り灯台もあります。


 鳥羽港に停泊中の定期船です。



 菅島港のターミナルは漁協の直売所を兼ねています。対岸の防波堤は菅島と架橋されており、釣り場になっています。


 菅島漁港には多くの漁師さんがおり、活気がありました。


 島の東半分、灯台やしろんご浜のあるエリアは一周4kmほどの遊歩道になっています。東半分だけなら半日でも観光できますが、島一周、西半分まで歩くと丸一日かかります。


 遊歩道から対岸の答志島を展望します。


 しろんご浜では、毎年7月11日、数百年の歴史があるしろんご祭りが開催されます。この祭りは海女達の祭りで、一年に一度この日のみしろんご浜での漁を行い、収穫した鮑を神社に奉納します。


 菅島灯台は現存するレンガ造りの灯台としては日本最古のものです。


 灯台の敷地内に咲いていたスイセンです。


 高台の上には、第二次世界大戦時代の監的硝跡があります。


 集落内には菅島神社があります。


 港に到着した鳥羽行き定期船です。