西表島

 雄大な自然の残る島です。石垣島と面積はほぼ同じですが人口はわずか2千人ほどで、島の大部分は人間の手が加えられていないジャングルになっています。イリオモテヤマネコやマングローブ林など、他の島では見ることが出来ない貴重な生物、植物も多いです。


 西表野生生物保護センターでは、イリオモテヤマネコの剥製が展示されています。


 忘勿石です。戦時中波照間島から西表島に疎開し、マラリヤのため命を落とした人々を慰霊したもので、波照間島を見渡せる南風見田の浜に建立されています。


 仲間川です。西表島の大部分は未開拓のジャングルであり、川辺にはマングローブ林が広がります。


 サキシマスオウの木です。樹齢400年にもなる巨大なもので、板状の大きな根(板根)が特徴的です。仲間川遊覧船の折り返し地点にあります。


 由布島行きの水牛車です。この水牛達は自分が歩くコースを覚えているそうで、ムチで叩かれなくてもコース通りに移動していました。


 由布島植物園では、亜熱帯の様々な動植物を観察できます。島の真ん中には撮影用につながれた水牛もいました。


 マリウドの滝は、日本の滝百選にも選ばれている滝です。島西部の浦内川遊覧船に乗り、遊覧船下船後、片道1時間程のハイキングをしたところにあります。


 祖内集落にある子午線モニュメントです。毎晩一定時刻になると、レーザー光線を放射するそうです。


 星砂海岸です。島西部にある砂浜で、星砂が取れることからこの名が付いたそうです。